今週の編集長一押し記事

【特別インタビュー】女優 三倉茉奈さん

浪速の人情物語を描いた舞台「泣いたらアカンで通天閣」が2018年2月1日(木)から、大阪松竹座で上演されます。読売ファミリーでは、2月2日(金)午後の部公演を貸し切り、お得な料金で販売します。上演に先立ち、女優・三倉茉奈さんに見どころなどを聞きました。

三倉茉奈
[プロフィル] 1986年生まれ、大阪府出身。
NHK連続テレビ小説「ふたりっ子」でデビュー、双子の妹・佳奈さんとともに「マナカナ」の愛称で人気を集める。
テレビドラマやバラエティー番組、舞台、CMなど多方面で活躍。

大阪松竹座 親父と娘の人情喜劇
「これじゃアカン」事件ばっかり

◆ぐうたらな親父としっかり者の一人娘に巻き起こる人情喜劇。三倉さんは、大阪の新世界でラーメン屋を構える赤井英和さん演じるゲンコの娘・センコ役です。

母親が早くに亡くなり、父親の作るラーメンはまずくてお客さんが来なくて、これじゃアカンと娘がお尻をたたいてる状況です。センコは親子の関係だったり、恋愛事情だったり、いろんな問題を抱えていて、様々な事件が起こります。

◆センコはどんな女の子ですか。ご自身との共通点はありますか。
自分の思っている理想と、うまくいかない現実に悩んでいる、どこにでもいる女の子で、私も共感できるところがあります。

共演・赤井英和さんと
“大阪魂”出していきます

泣いたらアカンで通天閣

◆赤井さんも三倉さんも大阪出身ですね。
赤井さんはみなさんのイメージ通り、情に厚い方なので、今回の役柄にはピッタリだと思います。私は標準語の役だと大阪弁が出ないように気を付けていることが多くて、ここまでコテコテの芝居はなかなかありません。大阪の魂を出していけるのがすごく楽しみです。

◆大阪ならではの笑いあり涙ありの舞台ですね。
個性的な登場人物がそろっていて、〝おせっかい〟がいっぱい詰まっています。昔ながらの人情が温かく、心に響くと思います。

◆三倉さんはどんなご家族ですか。
母親も妹の佳奈も私のことをものすごく心配してくれていて、結婚できるのか心配するあまり私の知らないところで、誰か紹介してくれと話していて……。みんなおせっかいですね(笑)。

◆読者にメッセージをお願いします。
年配の方も私と同世代の方も幅広い世代の方に楽しんでいただけます。ぜひ、見に来てください。

「泣いたらアカンで通天閣」公演情報

2018年2月2日(金)15時30分開演
大阪松竹座(各線なんば駅14号出口すぐ)

【出演】赤井英和、三倉茉奈、辻本祐樹、小川菜摘、山田スミ子、
曽我廼家八十吉、笑福亭松喬、紅壱子、川奈美弥生、桜花昇ぼる ほか

(先行・割引販売)
特別優待料金

■一等席 通常1万2000円が→6500円 (1階全席と2階1~5列目)
■二等席 通常7000円が→3500円 (2階6~8列目)
■三等席 通常4000円が→2000円 (3階全席)

※通販サイト「よみファねっと」からの注文はさらに100円引き!

希望者には1700円でお弁当(お茶付き)を販売します。
うなぎ料理「う玄武」 特製弁当(うなぎ半身)

うなぎ料理「う玄武」 特製弁当

■ご案内 「読売ファミリー貸し切り公演」のため、チケットの送付はありません。当日、同劇場前でチケットを手渡しします。払い込み済みを証明する半券または引換証をご持参ください。座席は電話申し込み順で配席。当日の会場の受け付け順ではありません。未就学児は入場できません。

電話:0570(550)435436

9時~17時30分、日・祝日除く。自動音声の後、オペレーターが応対します。※ チケットの再発行はできません。営利目的の転売は禁止。料金は いずれも消費税込み。読売ファミリーから各種ご案内をお送りする場合があります

泣いたらアカンで通天閣

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます
写真の複写、第三者への転貸をしないでください。

読売ファミリー紙面プレゼントのお知らせ

「読売ファミリー」は読売新聞読者に、毎週水曜日の朝刊折り込みで無料配布しているカラー刷りタブロイド版の生活情報紙です。近畿地区で配布しています。※一部配布していない地域もあります。
紙面を欲しいという声が多数寄せられましたので、読売ファミリー今週号を抽選で200人にプレゼントします。奮ってご応募ください。
※応募締め切り:2017年10月24日16時。

注意事項

  • ※一人応募は1回、1部に限ります。
  • ※当選者には、最寄の読売新聞販売店などから商品をお届けします。
  • ※お届けには約1か月~2か月かかる場合があります。また、場合によってはお届けできないケースもあります。

紙面プレゼントに応募する