みんなで川柳

5・7・5のテンポいいリズムで、人情を詠む川柳。
家族や社会を風刺しつつも、なぜかクスッと笑えます。
思わず「そうそう」「あぁ、うちも!」と声が出て、詠み終えるとなぜかホッコリ。
17文字だけですが、「この人(家庭)は普段からこんな感じなんだろうな」と想像できるから、あら不思議。
たかが17文字、されど17文字。
魅力あふれる川柳ワールドに、皆様をご招待♪

第32回のテーマ「花火」(2013年8月7日号)

入選作 ※優秀作品は編集部選
  • 還暦や ドカンと一発 花咲かそ
  • 大会の 特等席は 肩車
  • 夜空より 彼氏を見ていた 夏祭り
  • 足元で 負けてなるかと 舞うホタル
  • ベランダで 見ていた花火 音ばかり
  • 懐かしく 亡き父想う 夜空の輪
  • パッと咲き パッと散りゆく 恋をした
  • 宝くじ 花火のごとく 夢は消え
応募作品(一部紹介)
  • 夏の夜に 大輪の花 おどる胸
  • 渦巻く火 はしゃぐ曽孫(ひまご)に 笑いの輪
  • 人の世の 暗い夜空に ドン!と咲く
  • 連れてって! せがんだあの娘(こ)も 母となり
  • パッと咲き パッと散りたい 人生も
  • 思い出の 真夏の夜の 風物詩
  • 告白の 舞台こしらえ 背中押し
  • 織り姫に 届けと花火 夏の夢
  • 夏の夜に 夢を詰め込み 華咲かす

バックナンバーを見る