みんなで川柳

5・7・5のテンポいいリズムで、人情を詠む川柳。
家族や社会を風刺しつつも、なぜかクスッと笑えます。
思わず「そうそう」「あぁ、うちも!」と声が出て、詠み終えるとなぜかホッコリ。
17文字だけですが、「この人(家庭)は普段からこんな感じなんだろうな」と想像できるから、あら不思議。
たかが17文字、されど17文字。
魅力あふれる川柳ワールドに、皆様をご招待♪

第21回のテーマ「年賀状」(2012年12月19日号)

入選作 ※優秀作品は編集部選
  • いくたびか 一度逢いましょ 繰り返す
  • 写真入り 子からペットへ 様変わり
  • 若い気も 喪中はがきで 老いを知る
  • 差し出し名 生きていたかと 安堵する
  • 「おめでとう」 やっと読めたで 孫の文字
  • 写真入り 今年も相手が また違う
  • 楽しみは 六桁にみる 運試し
  • 紅白を 横目にせっせと 書く主人
  • 持参して お年玉をと 手を出す子
  • 歳増えて 髪と枚数 減り続く
  • パソコンも この時期ばかりは 大忙し
応募作品(一部紹介)
  • 幼子の 賀状をしっかり 抱いて寝る
  • 何だっけ? 今年の干支すら 分からない
  • 今年もまた 生き延びようよと 共に書く
  • ボケ防止 訓練みたい ペン持たせ
  • 筆まめも いつの間にやら 印刷へ
  • 名前ない 字を見て顔を 思い出し
  • 暖かい パソコンよりも 手書き文字
  • 元旦は 年に一度の 同窓会
  • 師走時 ハタキが先か? 筆先か?

バックナンバーを見る