みんなで川柳

5・7・5のテンポいいリズムで、人情を詠む川柳。
家族や社会を風刺しつつも、なぜかクスッと笑えます。
思わず「そうそう」「あぁ、うちも!」と声が出て、詠み終えるとなぜかホッコリ。
17文字だけですが、「この人(家庭)は普段からこんな感じなんだろうな」と想像できるから、あら不思議。
たかが17文字、されど17文字。
魅力あふれる川柳ワールドに、皆様をご招待♪

第19回のテーマ「こたつ」(2012年11月21日号)

入選作 ※優秀作品は編集部選
  • なんとなく 家族で決める 指定席
  • よっこらしょ 何度言っても 出られない
  • 温もりて 出ずに周りに モノ置きて
  • 誘惑に 負けて入れば 用出来ず
  • こもってる 異臭の元は 誰の足?
  • 差し向かい 見つめ合う親 今恋し
  • 定番は 紅白見ながら ミカン食べ
  • 寒い冬 一人暮らしの 寝床かな
応募作品(一部紹介)
  • 猫と寝る やんちゃな孫も 平和顔
  • 晩ご飯 一家団欒(だんらん) 幸の時
  • みかん・菓子 おいておきたい おやつ時
  • 潜り込み 猫と孫が レスリング
  • 水虫の 足はご遠慮 願います
  • 暖かさ テレビを忘れ 夢の中
  • 冬支度 ミカンを乗せたら 出来上がり
  • 足が触れ ドキドキしたたら ミケだった
  • 寒がりな 妻は猫より 丸くなる
  • 孫たちの 格好の場所 かくれんぼ
  • 寒い夜は 頭を出した 亀になる

バックナンバーを見る