みんなで川柳

5・7・5のテンポいいリズムで、人情を詠む川柳。
家族や社会を風刺しつつも、なぜかクスッと笑えます。
思わず「そうそう」「あぁ、うちも!」と声が出て、詠み終えるとなぜかホッコリ。
17文字だけですが、「この人(家庭)は普段からこんな感じなんだろうな」と想像できるから、あら不思議。
たかが17文字、されど17文字。
魅力あふれる川柳ワールドに、皆様をご招待♪

第14回のテーマ「海」「艶」(2012年8月22日号)

入選作 ※優秀作品は編集部選

  • 来たけれど 泳げぬ私は 荷物番
  • 浮き袋 子につかまれた メタボ腹
  • 日焼けした 顔はハワイと 言っておく

  • 年かさね 輝くところ 頭皮だけ
  • 娘言う 顔に霧吹き すればいい
  • もう四十路 艶が出てきた 腹もでた
応募作品(一部紹介)

  • その時の 思いで違って 見える海
  • 写真撮る 海が入らぬ 妻の幅
  • かっこよく サングラスかけ 逆パンダ
  • 嫁さんの 水着姿が なつかしい
  • 塩入れた ビニールプールで はしゃぐ孫

  • 同窓会 顔にも声にも 艶を出し
  • 年増せど 浴衣姿は 色っぽい
  • 年に似ず 肌はキレイが もてもせず
  • 露天風呂 はじけぬ肌に 目を伏せる
  • 二人とも 還暦近く 色も消え

バックナンバーを見る