みんなで川柳

5・7・5のテンポいいリズムで、人情を詠む川柳。
家族や社会を風刺しつつも、なぜかクスッと笑えます。
思わず「そうそう」「あぁ、うちも!」と声が出て、詠み終えるとなぜかホッコリ。
17文字だけですが、「この人(家庭)は普段からこんな感じなんだろうな」と想像できるから、あら不思議。
たかが17文字、されど17文字。
魅力あふれる川柳ワールドに、皆様をご招待♪

第12回のテーマ「梅雨」(2012年7月4日号)

入選作 ※優秀作品は編集部選
  • 雨上がり 老いた二人は 傘が杖
  • カラフルな 傘の花咲く 通学路
  • 晴れの間に フル回転の 洗濯機
  • 返す傘 今日も忘れて また借りる
  • 雨続く 散らかし放題 孫二人
  • しとしとと 降らずにゲリラで 風情なし
  • 次はどこ? 乾かぬ洗濯 干す場所は
  • 心にも カビが生えそう 雨続き
応募作品(一部紹介)
  • 紫陽花の 引き立て役に 青蛙
  • ジメジメの 具合で体が 天気よむ
  • 節電で 湿気取りたく ままならぬ
  • もっと降れ 花に水やる 手間いらぬ
  • 梅雨入りで 心の渇きも 癒やしたい
  • ムレるけど 脱ぐわけいかぬ このカツラ
  • 傘忘れ 屋根から屋根に カニ歩き
  • 遠き日の 相合い傘を 思い出し
  • 予報雨 夫を傘が 追い掛ける
  • 雨傘が スクランブルで 万華鏡
  • 風呂のカビ 湯気で隠して 見ないフリ

バックナンバーを見る